近年はコンテナでアプリケーションを稼働させるケースが増えています。本番環境でコンテナアプリケーションを信頼性高く稼働させるためにはオーケストレーションサービスが欠かせません(なぜコンテナオーケストレーションサービスが必要なのかについてはこちらを参照してください)。

本Postでは、最もよく利用されているコンテナオーケストレーションサービスであるAmazon ECSAmazonEKS上でアプリケーションを稼働させている方を対象に、New RelicのInfrastructure、APM、Logsエージェントの導入手順を整理した資料を作成しましたのでご紹介します。

AmazonECSもAmazonEKSも、共にコントロールプレーンと呼ばれるコンポーネントとデータプレーンと呼ばれるコンポーネントに別れます。さらに、AWSではデータプレーンはEC2とFargateという2種類のタイプに別れます。全部で4パターンになります。

ECS,EKSにおける構成パターン

ECS,EKSにおける構成パターン

  1. ECS / EC2パターン
  2. ECS / Fargateパターン
  3. EKS / EC2パターン
  4. EKS / Fargateパターン

それぞれの環境で微妙に実現手順が異なるため、ご自身の環境ではどこにどのようにセットアップしたら良いか迷うことがあると思います。そんな時はこの資料を参考にしてみてください。

コンテナアプリケーションのオブザーバビリティ実現手順

 

Happy container monitoring!!!

SIerにてシステム開発プロジェクトのPMやインフラ設計・構築などを歴任。その後、クラウドインテグレーション組織の立ち上げを行い、多くのお客様システムのクラウド移行を支援。近年はDevOpsやクラウドネイティブ化へ向けたコンテナやKubernetes、CI/CDなどの技術要素の導入支援を行い、現職。現在はDevRelを通じた文化醸成に興味を持っている。 View posts by .