このBlogはKubernetes Observability with New Relicの意訳です。

New RelicのKubernetesエバンジェリストであるStijn Polflietは、彼が開催したwebinarである「Kubernetes in the Wild:K8s Adoption ベストプラクティス」で、Kubernetes環境についての信頼を得るための5段階のフレームワークを紹介しています。この成熟度モデルを使用すると、次のことができるようになります。

  1. Kubernetes integrationを有効化し、クラスターの全体的な正常性と容量を理解します。
  2. Kubernetes events integrationを有効化し、オートスケーリングイベントなど、クラスターの動的な動作を追跡します。
  3. Distributed tracingを有効化し、KubernetesとAPMを連携させることで、マイクロサービス間通信の詳細を把握します。
  4. 必要に応じてPrometheus open metrics integrationを有効化し、Kubernetesで実行されているすべてのサービスのデータを関連付けるとともに、Prometheus自体の運用負担を軽減します。
  5. Logs in contextを有効化し、サービスのパフォーマンスデータをログを関連づけることで、トラブルシュートの効率性を向上します。

この5段階のフレームワークは、以下の新しいインフォグラフィックで概説されており、PDFファイルはこちらからダウンロードできます。また、このフレームワークの詳細はこちらでも解説されています。

Kubernetes環境の可観測性の構築にぜひご活用ください。

 

 

SIerにてシステム開発プロジェクトのPMやインフラ設計・構築などを歴任。その後、クラウドインテグレーション組織の立ち上げを行い、多くのお客様システムのクラウド移行を支援。近年はDevOpsやクラウドネイティブ化へ向けたコンテナやKubernetes、CI/CDなどの技術要素の導入支援を行い、現職。現在はDevRelを通じた文化醸成に興味を持っている。 View posts by .