新しいAppleプラットフォーム向けNew Relic Mobileを導入して観測の隙間を無くしましょう

New Relic の新しいFull Stack Observabilityによってデジタルビジネスの観測自由度は大きく広がりました。この秋にアップデートされたNew Relic のAppleプラットフォーム向けエージェントはXCFrameworkの形で提供されています。 iOS、tvOS、そして新たに登場したMac Catalyst向けのアプリを観測することでデジタルビジネスを観測する上でのブラインドスポットを減らすことができます。

New Relic iOS AgentからXCFramework Agentのアップデート

多くの方にご利用頂いているAppleデバイス向けMobileエージェントはバージョン7.0.0以降、Xcode 11で導入されたXCFrameworkの形式で提供されています。現在7.0.0未満のiOS Agentで既にCocoaPodsでライブラリ管理されている場合はpod updateで最新のエージェントにアップデートしましょう。
手動で導入している場合はMobile UIでアプリを選択しSETTINGS -> Upgradeから最新のエージェントを導入してください。

Podfile記載例

 pod 'NewRelicAgent'

pod updateで更新しworkspaceを開くと新しい NewRelic.xcframework に差し替わっているはずです。NewRelic.xcframework in xcode

また、XCFrameworkからはimportするパスが異なることに留意してください。
iOS Agent (v6)迄

 #import <NewRelicAgent/NewRelic.h>

XCFramework Agent (v7)以降

 #import <NewRelic/NewRelic.h>

安定性の向上や機能改善を最大限享受するためにも定期的なAgentアップデートの検討をお勧めいたします。
最新の情報はNew Relic docs内のXCFramework release notesを確認してください。

New Relic ソリューションコンサルタント。国内SIerにて金融系システム開発、IaaS立上げプロジェクトなどに従事。その後、外資ハードウェアベンダーでプリセールスエンジニアを、フリーランスエンジニアとしてクラウドマイグレーション企画・B2Bモバイルアプリ開発等を経て現職。 View posts by .