New Relicでダッシュボードテンプレートからダッシュボードを作成できるようになりました

  • APMとInfraを同時にダッシュボードに表示したい
  • Core Web Vitalsをもっと深く分析したい
  • AWSのセキュリティ情報を可視化したい

などなど、アプリケーションを運用する時には様々な角度で分析を行いたいものです。New Relicでみたい情報をダッシュボードとして可視化したい、そんな時に役に立つのがNew Relic Applicationの「Quickstarts」です。

これまでも「Data explorer」と呼ばれる機能を使えばデータを見ることはできたのですが、目的を持って情報を収集している場合色々なデータを一度にみたいことが多いのでダッシュボード化することが多く、全てを我々含むユーザーが一から手で作成しなければいけませんでした。そこで出てきたのが「Quickstarts」です。

「Quickstarts」にはこのような、目的別のダッシュボードであったり、APMやInfraのエージェントで収集できるデータの基本情報を見るためのダッシュボードのサンプルが集まっています。

...

...

...

「OracleDB」や「Docker」、「Elasticsearch」や「Kafka」などのミドルウエアのメトリクスを見るダッシュボードも用意されています。

まだこれからもどんどん多くのテンプレートが用意されていきます。この「Quickstarts」のコンテンツは、OSSとなっています。

改善のために、みなさまから直接ご意見をいただけるようにしていますし、さらにみなさまがご自身でテンプレートを作成できますので、みなさまからのアイデアもどんどんお寄せください!

https://github.com/newrelic/nr1-quickstarts

まずは一度「Quickstarts」を開いてみて、どのようなテンプレートが用意されているのか見てみましょう。

Quickstartsの始め方

  1. 画面上部のAppsをクリック
  2. Quickstartsを検索
  3. Quickstartsをクリック
  4. Add this appをクリック
  5. 有効化するアカウントを選択
  6. Update # accountsをクリック
  7. 画面左上部「Quickstarts」のリンクをクリック
  8. Open appをクリック
  9. 使いたいテンプレートをクリック
  10. 左ペインの「Select an account」でデータを取得するアカウントを選択
  11. 画面右の「Import」をクリック
  12. 「Select an account」でダッシュボードを作成する先のアカウントを選択
  13. 必要に応じてダッシュボード名を変更し、「Import dashboard」をクリック
  14. 完成!

 

NewRelicソリューションコンサルタント。ERPパッケージベンダーにてSaaS製品を開発。SREも担当し運用自動化に励む。その後総合系コンサルティングファームに転職し、BtoCサービスの構築支援としてモバイルアプリを主としたサービスの開発リーダーを担当。 アーキテクチャの設計からCICD、バックエンド・フロントエンド開発という全領域の開発に加え、SREで経験した運用も踏まえたアプリケーションを中心としたパフォーマンス管理・チューニングを得意とする。 業務上経験が多いのはJava、Javascript。 View posts by .