対象者

システム開発チーム、システム運用チーム、SRE

効果

リアルユーザーの体感しているサービスのパフォーマンスを計測する意味でBrowser, Mobileから直接呼び出されるアプリケーションのレスポンスタイムをNew Relic APMで測定することは重要です。しかし、サーバーサイドアプリケーションはこのようなWebリクエスト-New Relicでは Webトランザクションと呼びます-だけで構成されているわけではありません。cronやタスクスケジューラーから呼び出される定期バッチ処理に代表されるバックグラウンドプロセスが正しく動いていることを計測することも重要です。最近では、kubernetesのcronjobであったり、クラウドサービスでスケジュール実行あるいはイベントからのトリガー実行であったり、様々な場所でこのようなバックグラウンドプロセスが実行されます。New Relicではこのようなバックグラウンド処理をnon-Webトランザクションとして計測することが可能です。

バックエンドプロセスは、通常直接リアルユーザーのパフォーマンスに関与しないため、apdexの評価からは外されます。しかし、New Relic APMで計測することによりその経過時間の統計情報、トランザクションの詳細、エラー分析といったWebトランザクションと同様の機能で分析することが可能になります。

New Relic 製品

New Relic APM

実装方法

New Relic APMは多くの言語、フレームワークをサポートしており、Webトランザクションを自動で検出することが可能です。しかし、バックグラウンドプロセスをnon-Webトランザクションとして検出するためにはcustom instrumentationの設定を行う必要があります。さらに、プロセス自体は1分未満で終了するような場合、Javaや.NETではプロセス終了時に計測データを送信するための設定が必要になります。また、PythonやRubyでも短命プロセスの場合に考慮が必要なことがあります。これらの設定は言語のAgentによって異なります。ここでは各言語での設定を説明しているドキュメントを紹介します。

C SDK

トランザクションをインストゥルメントするを参考にしてください。

Go

Monitor a transactionを参考にしてください。

Java

Javaでのcustom instrumentationはNew Relic UI, XML設定ファイル, メソッドへのアノテーション付与の三通りの方法があります。Javaカスタムインストゥルメンテーションを参考にお好みの方法を選択してください。また、プロセスが1分未満で終了する場合、Java Agentの設定で、send_data_on_exittrueに、send_data_on_exit_thresholdをプロセスの最短継続時間より短い秒数に指定してください。

.NET

まず、Windows向けに.NET Framework Agentを利用している場合、インストール時にすべてのインストゥルメントを有効化してください。これを有効化しないと、IISでホストされていないバッチ処理などのプロセスが計測対象になりません。詳細はインストール手順のドキュメントを参照ください。この手順は.NET CoreのAgentでは不要です。

次に、.NETのcustom instrumentationはXML設定ファイル,メソッドへの属性付与の二通りの方法があります。.NETカスタムインストゥルメンテーションの概要を参考にお好みの方法を選択してください。

最後に、.NET Agentの設定で、sendDataOnExittruesendDataOnExitThresholdをプロセスの最短継続時間より短いミリ秒数に指定してください。

Monitor short-lived .NET processesも合わせてご確認ください。

Node.js

バックグラウンドトランザクションをインストゥルメントするを参考にし、startBackgroundTransaction APIを利用してください。

PHP

newrelic_background_job APIを利用してください。PHPエージェントは、コマンドラインで実行されるスクリプトを、すべて非ウェブトランザクションとしてレポートします。

Python

Python Agentのnon-Web トランザクションをご覧ください。特に短命プロセスで起動時にstartup_timeoutを設定するもしくはregister_application APIを使って強制的にAgentの登録を完了させること、shutdown_timeoutを設定して終了時にデータ送信のタイムアウトを設定することにご注意ください。

Pythonエージェントは、CeleryとGearmanからのnon-Web トランザクションレポートにも対応しています。

Ruby

Rubyエージェントのnon-Web トランザクションをご覧ください。特に短命プロセスの場合、 manual_star APIを:sync_startup => trueを指定して利用することにご注意ください。

 

このように、言語ごとのAgentによって設定が異なるため複数言語を扱う方に取っては混乱を招くこともあるかもしれません。しかし、よりそれぞれの言語での使い勝手がよくなるように改善していますので、ぜひ詳細を確認して試して見てください。


New Relic 担当者にもう少し話を聞いてみたい場合はこちらまで!

ソフトウェアエンジニア、インフラエンジニアなど自社開発や自社運用の現場で経験を積んだのち外資系ソフトウェアベンダーでのテクニカルサポートを経て現職。New Relicユーザーだった経験あり。コミュニティでの登壇活動も多く、Microsoft MVPを7年連続受賞中。Microsoft Certified Azure Solutions Architect Expert。得意分野はC#をはじめとするソフトウェア開発、Kubernetes関連技術およびパブリッククラウド。 View posts by .