New Relicは各言語むけのAPM Agentを始めとする製品をオープンソースとして公開することを決め、すでに多くのリポジトリがGitHub上で公開されています。公式ブログ「The Future of Instrumentation Is Open: Introducing Open Source Agents and Projects at New Relic」の抄訳にてその目的とNew Relicが目指す将来を紹介します。

New Relicでは、すべてのエンジニアがソフトウェアやシステムから完全な遠隔測定を行えるようにしたいと考えています。2008年の設立以来、多言語アプリケーションフレームワークの計装器の包括的なサポートを含め、何十万時間ものエンジニアリング時間を費やして計装器を開発してきました。また、昨年はCloud Native Computing FoundationのOpenTelemetryプロジェクトにトップの貢献者の一つとして参加しており、インストルメンテーションの未来はオープンであると信じています。

その精神に基づき、本日、当社のエージェント、統合、およびSDKをオープンソース・ライセンスで利用できるようにしたことを発表できることを嬉しく思います。当社のオープンソースの計装システムは、お客様のシステムに展開するコードの完全な透明性を提供し、オープンソースのアプローチを取ることで、お客様からのフィードバックを受けて、当社の製品のイノベーションと品質のペースを向上させることができると信じています。

New Relicのオープンソース化された計装器

本日より、C, Go, .NET, Node, Python, Ruby用のエージェント、およびインフラストラクチャエージェントインフラストラクチャ連携インフラストラクチャ連携SDK、およびTelemetry SDKがNew RelicのGitHub organizationで利用可能となり、オープンソースとしてコントリビューションできるようになりました。残りのエージェントは、9月にJava、10月にPHP、2021年にはブラウザとモバイルが公開される予定です。

オープンソースの計装に対する私たちのコミットメントは、ソースコードの共有だけにとどまりません。それぞれのリポジトリでオープンソース製品のロードマップを公開しています。さらに、GitHub上で直接問題を報告したり、製品の機能リクエストを行うことができるようになります。これらの変更により、New Relicの専門知識や製品情報にアクセスしたり、コラボレーションやフィードバックを行うための身近なチャネルとして利用できるようになります。

「Bestowは顧客に素晴らしい体験を提供することに注力しており、New Relicはオブザーバビリティ(可観測性)を提供してくれる重要なパートナーです」と、BestowのエンジニアリングマネージャーであるChris Bartels氏は述べています。「New Relicのオープンソースプロジェクトに飛び込んで貢献し、チームから助けを得ることができることは、私のチームにとって大きな助けになりますし、New Relicとの素晴らしいパートナーシップがあることを示すことになります。」

私たちは、OpenTelemetryの標準化に貢献しています

私たちは、ソフトウェア計装のための新しい標準として、クラウドネイティブコンピューティングファウンデーションのプロジェクトであるOpenTelemetryが広く受け入れられていることに勇気づけられています。既存および新興のすべてのソフトウェア技術でユビキタスな計測を実現するには、コミュニティ間のコラボレーションと、我々の努力を一致させるための一連の標準を縮小して採用することが最も効果的な取り組みです。そのため、当社は将来のオブザーバビリティをOpenTelemetryで標準化し、この標準への主要な貢献者となるためにプロジェクトへの投資を増やし、オープンな計装を完全に採用するための戦略を展開しています。

Java、Go、C/C++用のOpenTelemetry SDKのトップ・コントリビューターとして、本日の発表は、その関与をさらに深めるものです。

私たちは、何百もの多数におよぶフレームワークやライブラリを可視化するためのサポートを含め、OpenTelemetryプロジェクトに計装を提供します。また、当社はOpenTelemetryメトリクスのリーダー的役割を担い、メトリクスのセマンティック仕様に12年分の経験を貢献してきました。

OpenTelemetryのベータ版を試している場合は、このチュートリアルで説明しているように、JavaGoOpenTelemetry Collector用のエクスポートツールを使用して、サービスからNew Relicにテレメトリを送信することができます。新しいUIでは、アプリケーションのエラーを簡単に検出してトラブルシューティングしたり、分散したトレースを可視化してボトルネックや異常な動作を特定したりすることができます。

OpenTelemetryを簡単に導入できるように、OpenTelemetry SDK、OpenTelemetry自動計装機能(利用可能な場合)、OpenTelemetryエクスポート機能を含むOpenTelemetryエージェントを提供します。弊社のエージェントは、完全なアプリケーション・サービスのオブザーバビリティ・ソリューションに期待される機能を提供し、リアルタイムのメトリクスの可視化、メトリクスの拡張されたフィルタリングとファセット化、およびオープン・インストルメンテーションのエコシステムの成長を可能にします。

OpenTelemetryエージェントは、OpenTelemetryの下流のオープンソース拡張であり、当社オリジナルのエージェントのほとんどの機能との互換性があり、更新プロセスを容易にします。今後、私たちは計装器とその機能をOpenTelemetryプロジェクトに貢献していきますので、どのようなオブザーバビリティバックエンドを使用しているかに関わらず、お客様に利益をもたらします。2021年の夏までに、サポートしているすべてのプログラミング言語に対応したOpenTelemetryエージェントを提供する予定です。

こちらの記事もぜひご一読下さい:OpenTelemetry: 計装器を長く使い続けるために

オープンな計装の未来に向けた準備は整いました

私たちはオープンな計装を信じています。無数の言語、フレームワーク、データストア、およびその他のシステムへの可視性を作成するために長年かけて取得した専門知識を提供することで、お客様のシステムでオブザーバビリティーのベストプラクティスを可能にすることを容易にしています。これらは今日、私たちが行っている大胆な一歩ですが、これは始まりに過ぎません。私たちは、緊密でオープンな協力関係の中で作業を行う専任のエンジニアグループが何を達成できるかを知っており、これからのオープンな計装への旅でどんな働きができるか楽しみにしています

当社のオープンソースプロジェクトと貢献についての詳細は、New Relic Open Source をご覧ください。

この投稿には、連邦証券法で定義されている「将来の見通し」に関する記述が含まれています。これには、エージェントの将来の利用可能性、オープンソースのロードマップ、その他の追加機能や機能を含む、当社のオープンソースの提供やOpenTelemetryへの貢献のタイミングや利益に関する記述が含まれますが、これに限定されません。このような将来の見通しに関する記述でカバーされている事項の達成や成功は、New Relicの現在の仮定、期待、信念に基づくものであり、New Relicの実際の結果、パフォーマンス、成果が将来の見通しに関する記述で明示的または暗示的に示されているものと大きく異なる可能性のある、実質的なリスク、不確実性、仮定、および状況の変化の影響を受けています。New Relicの財務およびその他の業績、ならびに本投稿の将来の見通しに関する記述に影響を与える可能性のある要因に関する詳細な情報は、New RelicがSECに随時提出する書類に含まれており、New Relicの最新のフォーム10-Kには、特に「リスク要因」および「財務状況および経営成績に関する経営陣の検討および分析」という見出しがあります。これらの文書のコピーは、New Relic の投資家向け広報ウェブサイト(http://ir.newrelic.com)または SEC のウェブサイト(www.sec.gov)で入手できます。New Relicは、法律で義務付けられている場合を除き、これらの将来の見通しに関する記述を更新する義務を負わず、また更新する意図もありません。

ソフトウェアエンジニア、インフラエンジニアなど自社開発や自社運用の現場で経験を積んだのち外資系ソフトウェアベンダーでのテクニカルサポートを経て現職。New Relicユーザーだった経験あり。コミュニティでの登壇活動も多く、Microsoft MVPを7年連続受賞中。Microsoft Certified Azure Solutions Architect Expert。得意分野はC#をはじめとするソフトウェア開発、Kubernetes関連技術およびパブリッククラウド。 View posts by .