New RelicはGoogle Cloudとパートナーであり、コンテナ技術の一要素としてWindowsコンテナにも投資しています。その一例として、GKE上でのWindowsコンテナへの対応にについて「Introducing New Relic for Windows Containers on Google Kubernetes Engine and Anthos」の抄訳にてお届けします。

New RelicとGoogle Cloudのコラボレーションは、両社の顧客に強力なソリューションのポートフォリオを提供し続けています。New Relic Oneプラットフォームは、すでにGoogle Kubernetes Engine(GKE)のデプロイメント向けに差別化された「M.E.L.T. in Context」のオブザーバビリティソリューションを提供しています。本日、GKEとGoogle Cloud Anthos上のWindows Containersのサポートを発表できることを嬉しく思います。

GKE上のWindowsサーバーアプリケーション

GKE は、マネージド Kubernetes クラスタのためのGoogle Cloud ソリューションであり、コンテナ化されたアプリケーションをデプロイ、管理、拡張するためのマネージド環境を提供します。Google Cloud は、GKE 上で Windows Server コンテナをサポートしているため、Windows コンテナと Linux コンテナを同じクラスタ内で実行することができます。Windows on GKE は、Google Cloud 上での Windows サーバーベースのアプリケーションの展開とモダナイゼーションを加速します。

New Relic OneでのKubernetesの可観測性

New Relic Oneは、業界初のオープンで接続可能でプログラマブルな可観測性プラットフォームです。New Relic Oneは、メトリクス、イベント、ログ、トレースなどのデータ収集、可視化、分析を一箇所で行うことができます。

New Relic Oneは複雑さを断ち切り、コンテキストを提供し、組織の垣根を越えて見ることができるため、テクノロジーやビジネス上の問題を迅速に発見・解決し、より完璧なソフトウェア、顧客体験、ビジネスを創造することができます。

New Relic OneのKubernetesモニタリング機能は、顧客自身のインフラストラクチャやパブリッククラウドサービスにデプロイされたKubernetesを使用してオーケストレーションされている、コンテナ化されたアプリケーションを監視するための独自のアプローチを提供します。

Kubernetesクラスターエクスプローラーを使用することで、Kubernetesクラスターを多次元的に表示できます。これにより、チームは高忠実(Hi-Fi)度でキュレーションされたUIを使用してKubernetesのデータやメタデータをドリルダウンすることができ、複雑なKubernetesデプロイメントを簡単な手順で監視できます。チームは、クラスタエクスプローラを使用して、あらゆるKubernetes環境全体のパフォーマンスや依存関係を観察したり、障害やボトルネック、その他の異常な動作をトラブルシューティングしたりすることができます。これらの機能はすべて、お客様のアプリケーションが常に利用可能で、高速に稼働し、最適なカスタマーエクスペリエンスとビジネスインパクトを提供できるように維持するのに役立ちます。

GKE上のWindowsノードとコンテナのソリューション

GKE向けのNew Relic Kubernetesソリューションは、Kubernetesクラスタ内で実行されているWindowsやLinuxのワークロードを完全に監視(メトリクス、イベント、ログ、トレース)する機能をチームに提供します。

New Relic Kubernetesの統合機能は、ノード、ネームスペース、デプロイメント、レプリカセット、ステートフルセット、デーモンセット、ポッド、クラスター、コンテナなど、すべてのKubernetesコンポーネントのデータとメタデータを明らかにし、フロントエンドとバックエンドのアプリケーションだけでなく、クラスターを実行しているホストまでも監視することができます。また、アプリケーション間に存在するすべてのKubernetesエンティティとサービスの監視、アラート、ダッシュボードも提供します。

New Relic APMを使用すると、これらのコンテナで実行されているアプリケーションを監視し、コアインフラストラクチャからKubernetesクラスタ(およびエンティティ)、アプリケーションに至るまで、スタック全体でデータを関連付けることができます。

New Relic 分散トレーシングを使用すると、Kubernetesスタック上を旅するリクエストのパスを追跡し、そのパスに沿ったコンポーネントのレイテンシーを発見し、パス内のどのコンポーネントがパフォーマンスの問題を引き起こしているかを特定することができます。これにより、Kubernetesやサーバーレスデプロイメントスタックの複雑さを抽象化して説明する、キュレーションされたダッシュボードを体験することができます。

Kubernetes Clusterが動的に振る舞う特性や、スタック上で実行されているサービスの量を考えると、これらのレイヤーにまたがってログ情報を取得することが重要になります。

New Relic Logsでは、ログを調査するときに、コンテキスト、キュレーション、インテリジェンスをそこにもたらすことに重点を置いた「logs in context」機能を提供します。New Relicのアプリケーションとインフラストラクチャのメトリクス、ダッシュボードとデータの可視化、イベントの相関関係、その他のリソースを活用して、GKEを実行している顧客のアプリケーション環境の完全かつ統合されたイメージを描くことにLogs in Contextは重点を置いています。

New Relic Kubernetes のイベント統合機能は、GKE クラスタで発生しているイベントを監視し、それらを New Relic に送信して相関関係と可視化を行います。

さらに、New Relic Istioアダプタを使用することで、Istioのメトリクスやトレースのテレメトリデータを監視することができます。newrelic-istio-adapaterはデフォルトの設定を持っており、サービスメッシュ内のすべてのサービスの「4つのゴールデンシグナル」を表すメトリクス(エラー率、レイテンシー、リクエスト量、スループット)を送信します。

New Relicを使用してGKEでWindowsコンテナーの監視を開始する

Windowsノードを実行しているGKEクラスタがあれば、New Relicソリューションの導入はLinuxノードの場合と同じパターンで、各オペレーティングシステム用のDaemonSet定義を介して行います。(抄訳者注:後日実際にセットアップする手順をstep by stepでブログ記事として投稿する予定です)

  1. New Relic Kubernetes 統合をインストールする
  2. New Relic Kubernetesのイベント統合をインストールする
  3. Kubernetes用のNew Relicロギングをインストールする
  4. New RelicのGoogle Cloud統合を設定する
  5. New Relic Istioアダプターをインストールする
  6. APMエージェントをインストールする

New Relicは、Google Cloudのデプロイメントを監視するために、可視化とキュレーションされたダッシュボード体験を箱から出してすぐに使えるように提供し、企業のKubernetesデプロイメントの複雑さを説明します。

Google Cloudとの提携により、お客様がインフラストラクチャ、アプリケーションを近代化し、クラウドの旅を加速できるよう支援できることを嬉しく思っています。

GKEやWindowsコンテナの可観測性についてもっと詳しく知りたい方はこちらまで。

ソフトウェアエンジニア、インフラエンジニアなど自社開発や自社運用の現場で経験を積んだのち外資系ソフトウェアベンダーでのテクニカルサポートを経て現職。New Relicユーザーだった経験あり。コミュニティでの登壇活動も多く、Microsoft MVPを7年連続受賞中。Microsoft Certified Azure Solutions Architect Expert。得意分野はC#をはじめとするソフトウェア開発、Kubernetes関連技術およびパブリッククラウド。 View posts by .