New Relic Experts Make Their Tech Predictions for 2020 の翻訳です。みなさんはどう思いますか?


2019年はもうほとんどありません。しかし、今、次の年を予想する時です。2020年のインフラストラクチャおよびアプリケーション開発の世界に何を期待できますか?DevOps、クラウド、AIOps、サーバーレス、Kubernetes、およびJavaやRustなどのプログラミング言語は、来年から将来にわたってどのように進化しますか?8人のNew Relicのエキスパートに占ってもらいました。

Tori Wieldt, Senior Solution Marketing Manager

Tori Wieldt

No-Opsは最終的に死にます。2020年には、まだ実施していない組織は「No-Ops」という概念を捨て、Opsチームのメンバーの価値を認識し始めます。企業は常にOpsの人材を必要としますが、テクノロジーと自動化プロセスが成熟するにつれて、Opsの専門家は開発者との摩擦の解消、長期インフラストラクチャのスケーラビリティの向上、ソフトウェアアーキテクトとのチーム化などの高品質の問題に取り組むことができます。信頼性を新しいサービスと機能に組み込みます。

DevOpsについては、採用が遅かった地域も参加することになります。米国のほとんどの企業は、DevOpsを認識しています。多くのDevOpsチームがありますが、企業全体で細かいところまで調整されたDevOpsプラクティスを実行している企業はまだまだ少数です。その点では、まだ本格的な採用に至るまでにやるべきことが多くあります。

米国以外では、DevOpsの勢いは比較的遅いですが、ペースは上がってきます。200人の英国のIT意思決定者の調査から得た非公開データでは、「DevOpsを使用するつもりはない」と答えたのは回答者の10%のみであり、「DevOpsを試してみたが自分たちのためではなかったために停止した」と答えたのは1%未満でした。より多くの企業が、DevOpsの優れたパフォーマンスの価値を理解し始め、DevOpsプラクティスを組織に導入するでしょう。

Guy Fighel, GM, Applied Intelligence and Vice President of Product

Guy Fighel

2020年には、AIOpsツールの実装・学習・使用がより簡単に実現できるようになるでしょう。。AIOpsツールが多すぎると、価値がわかるまで多大な投資が必要になり、DevOpsチームはツールのオンボーディング、データの取り込みに忙殺されます。チームのトレーニングと教育にも時間がかかるでしょう。AIOpsが一般的になるためには、このやり方では継続できません。

新しいインテグレーション・ポイントごとにモデルを開発して何時間もかけてトレーニングするのではなく、AIOpsツールの機能がユーザーの入力や実データに基づいて適応する、ルールの柔軟なベースラインを活用できるようになることを期待しています。DevOpsチームは、独自のロジックをシステムに追加したり、自動的に提案されたロジックに関するフィードバックを受け入れたり、提供できるようになります。2020年には、実装、学習、使用が簡単になるAIOpsツールが成功し、そうでないものは時代遅れになるでしょう。

AIOpsは、ITリーダーからの関心が高まります。企業はデジタル変革を促進するために、部門全体に人工知能(AI)の導入を進めます。IDCの調査によると、AIシステムへの世界的な投資は2022年に776億ドルに増加し、2018年の投資の3倍以上になると予想しています。AIOpsはAIトレンドのほんの一部ですが、ITリーダーはダウンタイムを短縮したり収益に直接影響を与えたりするために、このテクノロジーにより多くの投資をするでしょう。ITリーダーは、DevOps、サービスデスク、InfoSecチームの取り組みのサポートに役立つAIOpsの長期的なメリットを認識しています。この技術が成熟するにつれ、さまざまなAIOpsツールがこれらのグループに対応するようになります。最も大きな違いは、ツールがどのような種類のデータを取り込み、どの程度の速度で価値を提供できるかということです。

Andrew Tunall, GM of New Relic Serverless and Emerging Cloud Servicesc

Andrew Tunall

企業は、24時間365日のオーバープロビジョニングではなく、サーバーレスを使用して繁忙期に最適化する方法を学習します。ほとんどの企業では通常、顧客が日次、週次、または年次で測定される循環的な顧客トラフィックがあります。現在、オートスケーリングは適切なトラフィックディメンションに合わせて調整されることはほとんどない(またはまったく調整されない)ため、最も極端なトラフィックユースケースの障害を回避するために、チームは過剰なプロビジョニングを行います。ほとんどのデジタルビジネスの実世界のワークロードを見ると、太りすぎのインフラストラクチャからサーバーレス環境で実行されるモデルに移行し、より柔軟で多様なプログラミングモデルを得るチャンスが多くあります。

Functions-as-a-Serviceオファリングは進化し、さらに能力が向上します。コールドスタート時間を回避するために、最近、あるクラウドプラバイダーは同時実行をプロビジョニングできる機能を追加し、ミリ秒以内に実行開始できるようになりました。別のクラウドプロバイダーでは、ファンクション実行の最大時間を1時間(業界標準では15分)に延長し、より複雑なワークロードの可能性を開きました。

FaaSはより多様なワークロードに対応しようとするため、より多くの機能を使用できるようになると思います。イベント駆動型の実行パターンと互換性を保ちつつ、ファンクションをより多くのリソースでより長く実行できるようになります。したがって、遅延要件が厳しい場合でも、小売業やゲームなどの業界の顧客など、不均等なワークロードボリュームの利点を活用して、このテクノロジーを使用できるようになるでしょう。

Lee Atchison, Senior Director of Strategic Architecture

Lee Atchison

2020年は、Amazon Web Services(AWS)との競争が現実になる年です。AWSの成長率は最近まで、競合他社のすべての成長率を合わせたものを上回っていました。それは今年変わります。特にMicrosoft Azureは非常に強力なクラウド選択肢になります。Azureはヨーロッパに比較的強固な拠点を持っており、次は世界の残りの地域、特に北米にまで及ぶでしょう。Googleも2020年にはさらに食い込んできますが、Azureよりも遅い速度になります。さらに、小規模なクラウドプロバイダーがこれらの大規模なクラウドプレーヤーと合併または吸収され、業界での統合がさらに進むと予想されます。この現象は、機械学習、AI、およびデータ管理分野で特に当てはまります。DevOps分野でも同様です。

そして、企業は「オールインザクラウド」戦略の再考し始めます。プライベートデータセンターとクラウドのバランスの取れた利用がさらに重視されるでしょう。また、企業のコストと専門知識も最大限考慮されます。

Ben Evans, Java Guru and Principal Software Engineer

Ben Evans

Kubernetesの複雑さの問題を解決するため、継続的で段階的な進歩が期待されます。2020年も引き続き、多くの組織にとって重要なプロジェクトであるため、大規模なKubernetes管理の複雑さに対する問題意識が高まるでしょう。Kubernetesから離れる企業はほとんどありません(いわゆる「IKEA効果」を含むさまざまな理由により)。とにかく、企業はKubernetesのデプロイについての理解を深めるために、追加のツールとテクニックを探します。

Kubernetesについての深い知識を持つエンジニアは引き続き非常に高い需要があり、企業はKubernetesを利用するエンジニアに対して必要なインサイトを提供するために、可観測性の実装をますます求めています。

OpenJDKの増加が見られます。今年Javaの分野で見たダイナミクスは引き続き発揮されます。Java 8を中心とする長期サポート(LTS)リリースがJava市場を圧倒的に支配し続けます(ただし、Java 11 LTSリリースも以前のリリースを犠牲にしつつシェアを獲得し続けています)。

OracleはいずれのLTSリリースに対しても無料サポート(またはセキュリティ更新)を提供しなくなったため、企業は引き続きOpenJDKベンダーに移行します。これらのディストリビューションは、両方のLTSバージョンに無料(または低コスト)のアップデートを提供し、これらのディストリビューションの採用は2020年を通じて大幅に増加し続けます。

Rustはゆっくりと着実に上昇し続けます。2019年はRustにとって静かなブレークスルーの年でした。Microsoftなどの企業やBryan Cantrillなどの業界の著名人からのサポートが増えたことで、RustがC++に代わる実行可能な代替品として認識されるようになりました。

今年のRustの利用は限定的でしたが、私の考えでは、Rustが今後はるかに幅広い用途で使用されていることを証明しています。2020年には、未開拓分野と再開発分野の両方で、主要なRustプロジェクトが発表されると予想しています。

Erica Windisch, Principal Software Engineer

Erica Windisch

ステートレス分野のステータスはついに、2020年に観察されます。サーバーレスプラットフォームはステートレスなアーキテクチャを要求する方法で、短命性と不変性を強制します。これらは新しいものではありませんが、基盤となるインフラストラクチャの重要性が低いため、アプリケーションの視認性を高める必要が高まっています。

Adam Johnson, Principal Product Manager

Adam Johnson

レガシー企業は、クラウドネイティブ企業と並んでサーバーレスの革新者になります。サーバーレスはクラウドネイティブ企業から急速に注目を集めていますが、製造業や物流業などの従来の業界の開発者は新しいプロジェクトに対して、コンテナ化をスキップし、サーバーレスを採用する事例が増えるでしょう。これらの「リープフロガー(カエル跳び:先進的プレイヤーを飛び越えるフォロワー)」にとって、移行の苦悩を回避するために、レガシー展開と新しいサーバーレスアプリケーション全体の統一された可観測性が最優先事項になりました。

Joel Worrall, Director, Open Source and Developer Advocacy

Joel Worrall

2020年は、エンドツーエンドの可観測性ソリューションの飛躍的な年となります。しばらくの間、購入地点からバックエンドまで、バリューチェーンを構成するほとんどのコンピューティングプロセスとシステムを監視することができました。ただし、一度にすべてのデータをつなげる方法はありませんでした。2020年は、業界の誰かがその約束を実現する年になります。そしてそれは、オープンソースソフトウェアに依存するでしょう。

豊富なパートナーを抱えるエコシステムとモチベーションの高いチームが、観測可能性の分野を勝ち取ることになります。ベンダーロックイン、大小様々なツールの統合し、ソリューションを集約する時代おいて、すべての人に価値をもたらす可観測性プラットフォームは、略奪的なプラットフォームとビジネス関係性に対するカウンターとなるでしょう。

さらに、可観測性の真の革新は、小さくて意欲的なチームの結果です。小規模でフォーカスされたチーム(または個々のアクター)をサポートするプラットフォーム/ソリューションは、可観測性ソリューションの真の革新の起源となるでしょう。


もちろん、誰もが知っているように、未来は不確実です。2020年の最大の技術ストーリーは、誰もこれまでに見たことがないものかもしれません。新年の技術予想は何ですか?ハッシュタグ #techpredictions を使用して@NewRelicと共有してください

Isaac Eldridgeは、New Relicのテクニカルコンテンツエディターです。の投稿を見る。

New Relic 担当者にもう少し話を聞いてみたい場合はこちらまで!

kotani@newrelic.com'

New Relicではシニア・カスタマーサクセス・マネージャーとして、New Relicプラットフォームを使い倒していただく係をしています。それまでは業務システム業界でSEとして7年の経験を積んだ後、広告配信サービスを構築・運用をリーダー/CTOとして8年ほど経験し、スクラッチからのアプリケーション開発、クラウド利用推進、開発組織の改善などなどやってました。よく使う言語はScala, Go。好きなビルドツールはMakeです。 View posts by .