Android向けAgentのインストールと設定に関するトラブルシューティングフレームワーク

原文: Android Troubleshooting Framework Install and Config

トラブルシューティングフレームワークの翻訳済みリスト

  1. GradleとAndroid StudioによるAndroid Agentインストールガイドに沿ってインストールしてください。(最新のバージョンのAgentを推奨します:Android Agent Release Notes
  2. エージェントは(マニフェストで定義されている)デフォルトのアクティビティで呼び出して開始するようにします。Applicationクラスで呼び出すと、New Relicに記録されるアプリの起動回数が増えるなど、正しくないデータが報告される可能性があるため、Applicationクラスでは使用しないでください。
  3. Androidの依存関係はAppとProjectのgradleファイルに追加され、エージェントのバージョン番号はファイル間で一致していることを確認してください。
  4. 追加された依存関係は、New Relic用Android互換性と要件 に記載されているバージョン要件を満たし、競合を回避していることを確認してください。
  5. 該当する場合、ProGuard/DexGuardルールの設定を確認してください。
  6. 必要に応じてエージェントの機能フラグを有効化/無効化し、エージェントを起動する前に設定します。Androidエージェントの設定と機能フラグ
  7. カスタムデータを追加する場合: Android Add Custom Data を参照し、カスタマイズされたデータがエージェントの開始コールの後に呼び出されることを確認してください。
  8. データ報告の問題がある場合は、コンソールでエージェントのメッセージを確認して詳細を確認します。Android Agent Configuration and Feature Flags: Logging (AUDITログレベル推奨)
    
    NewRelic.withApplicationToken("YOUR_APP_TOKEN")
    
    .withLogLevel(AgentLog.AUDIT)
    
    .start(this.getApplication());
    
    
  9. エージェントのハーベストサイクルタイマー、またはイベントプールを調整して、ハーベストデータの制限によるデータ損失を防ぎます。
  10. Androidエージェントを「インストールドキュメント」に従ってインストールしこのガイドを確認しても問題が解決しない場合は、以下の情報をご用意の上サポートまでご連絡ください。
    • アプリおよびプロジェクトレベルのgradleファイル
    • ProGuard/DexGuardのルール
    • エージェントのロギングを有効にしAUDITレベルにした状態で、問題の症状が発生した際のLogcat出力
    • ./gradlew clean bundle -d | grep \\[newrelicを実行し、結果のログを送信してください。
    • 問題が発生しているNew Relicポータル内のアプリケーションへのリンク

ソフトウェアエンジニア、インフラエンジニアなど自社開発や自社運用の現場で経験を積んだのち外資系ソフトウェアベンダーでのテクニカルサポートを経て現職。New Relicユーザーだった経験あり。コミュニティでの登壇活動も多く、Microsoft MVPを7年連続受賞中。Microsoft Certified Azure Solutions Architect Expert。得意分野はC#をはじめとするソフトウェア開発、Kubernetes関連技術およびパブリッククラウド。 View posts by .